道民雑誌クォリティ
ホーム > トップインタビュー > 田中 雄土(EZO CONSULTING GROUP社長)
クォリティ

トップインタビュー

田中 雄土 氏(EZO CONSULTING GROUP社長)2017年9月号掲載 


〈たなか ゆうと〉
1988年2月3日生まれ。札幌市出身、29歳。早稲田大学卒業後、アルペンスキー選手として活動。第89回全日本スキー選手権大会回転競技第3位。引退後、大手不動産会社を経て、2015年5月EZO CONSULTING GROUP㈱設立。現在に至る。
資産の現在と未来価値を正確に算出する
心豊かな街並み形成を追求する不動産ベンチャー


 お客様の資産を正確に分析し、多角的な提案を行うほか、土地・建物の企画開発や不動産の売買・管理をはじめ、それらにまつわるあらゆるサービスを専門家と連携しながらワンストップで提供する不動産ベンチャー企業のEZO CONSULTING GROUP。不動産業の枠にとらわれることなく新しいモノ・コトを創造し続ける田中雄土社長の魅力に迫った――。



不動産業を通じて「お客様を幸せに」

――田中社長率いる同社のミッションとは。
 起業以前、大手不動産会社に勤めていた私は、主に事業用の収益不動産の売買や資産のコンサルティング業務を中心に従事していました。そんななか、独自の学びや経験、展望などの視点から〝マチづくり〟を手がけたいと思ったのがきっかけで2015年5月、起業しました。
 例えば、札幌を見ても、建物などの建ち並びに統一性がなくバラバラです。私たちは総合不動産デベロッパーとして、「未来永劫受け継がれていくような歴史や文化に残る建物を残していきたい」と日々、新しい構想を練り、尽力しています。また、日頃の業務においても、〝全ての業務フローを透明化〟して真面目にお客様と向き合っています。当たり前のことを当たり前にやることで、トラブル回避などが迅速なのも他社が決して真似のできない当社の特長だと自負しています。
――〝信条〟について教えてください。
 私たちは創業当初から前述の都市開発を目的としています。〝我々の志〟として掲げた企業理念「不動産業を通じて、本質的にお客様を幸せにする企業であり続ける」「ベンチャー企業であり続ける」「不動産業界のリーディングカンパニーを目指す」「心が豊かになる街並み形成を目指す」「不動産業で街おこしをする」「共に働く全社員が働きやすい環境を追求する」「社会の為に健全な利益を生む」に沿って社員同士が切磋琢磨し、何がお客様のためなのか、何が街のためなのか、何が世界を変えるのか、自分のためだけになっていないかなどを問いかけながら日々、答えを探しています。
 都市開発という、森を見て木を見ずということにならないよう、東京支社(渋谷区)とともに、不動産売買・管理・リノベーションと着実にお客様の資産を最適化する新しいサービスをご提案します。また、不動産だけにとらわれず、さまざまなコンテンツと不動産業をかけ合わせることで、街に付加価値をもたらす存在であり続けたいと考えています。

プライベートリアルターとコンテンツ×不動産

――独自の不動産収益計算システム「プライベートリアルター」とは。
 私たちは、お客様の資産を販売したいがための査定は行いません。ご提供するサービス「プライベートリアルター」は、資産の現在価値と未来価値を正確に把握し、算出した緻密なデータをもとに、さまざまな選択肢をご提示いたします。
 これらは事業者や承継者、資産家にとても評価が高いサービスで、いま私たちが自信を持って力を入れている高度なサービスです。
――〝札幌雪花火〟をはじめとする「コンテンツ×不動産」について。
 私たちが追求する「心が豊かになる街並み形成を」の前哨戦として今年3月、大倉山で「札幌雪花火」の実行委員長を務めさせていただき、たくさんの協力を仰ぎながら成功を収めました。花火は街を活性化させます。地元はもちろん、観光客をも呼び寄せ、不動産という側面だけではなく、コンテンツやイベントを通じて街を活性化し、不動産会社として街づくりを遂行する責任を果たす所存です。
 そのほか、道内を巡る観光客がコインロッカー探しに困らず、手ぶらで旅行を楽しめるよう、「エクボクローク」という観光客向けのスマートフォンアプリの周知活動にも注力しています。私たちは、北海道エリアの総代理店業務も行っており、これらも不動産を有効活用する事業形態のひとつです。
――今後の展望について。
 私は学生時代からアルペンスキーを始め、プロとして活動していた時期がありました。実は、スポーツというのはただ努力だけしても結果はでません。間違った努力をしていれば結果は絶対についてこないのです。私たちは、社員全員が共有する〝志〟を達成するために、「お客様のために一番良い仕事ができるようにするには、どうしたら良いか」を常に考えて行動しています。もちろん、健全な経営を維持するために売上目標は掲げますが、実際に仕事に取り組む時は〝パフォーマンスをいかに最大限に引き出せるか〟を大切に今後も尽力します。
 現在、9月末まで「不動産売却キャンペーン」を開催しており、おかげさまでたくさんのお客様からご相談をいただいています。そんななか、聞き取り調査をしたところ「どこに相談したら良いかわからない」という声が多く聞かれました。
 たくさんの選択肢をご提供できる弊社独自の「プライベートリアルター」のサービスで、お客様の資産価値を正確にお伝えします。また、8月20日は札幌駅前通地下広場内で「資産運用・相続財産無料相談会」を開催します。
 ぜひ、私たちを試していただけたら幸いです。