道民雑誌クォリティ
ホーム > 北海道のパワフルカンパニー >北海道エア・ウォーター株式会社
クォリティ

北海道のパワフルカンパニー

パートナーハイツたるかわ/コミュニティ青葉〈開設準備室〉 2017年11月号掲載 

パートナーハイツたるかわ/
コミュニティ青葉〈開設準備室〉

フリーダイヤル(0120)162‐168
石狩市花川北6条3丁目16番地
担当/萩原(はぎわら)
職員が24時間常駐し充実したサービスで
誰もが「生きがい」を実感できる住空間

 社会福祉法人パートナー(本部・石狩市、秋田泰博理事長)は、長年社会福祉に取り組み、居宅介護、通所介護、グループホーム、介護付き有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅ほか、介護事業のエキスパートとして高い評価を得ている。

▲施設外観

▲居室
(パートナーハイツたるかわ)

▲天然温泉(コミュニティ青葉)
 今回は、石狩市に2018年3月開設予定の住宅型有料老人ホーム「パートナーハイツたるかわ」(樽川6条2丁目3番)と、小規模多機能型居宅介護「コミュニティ青葉」(同)を紹介する。
「パートナーハイツたるかわ」は、おおむね60歳以上の方の共同賃貸住宅で、専門知識を持ったスタッフによる定期巡回や食事提供など、さまざまなサービス、サポートを利用者の要望に応じて受けることができる。
 同施設は、鉄筋コンクリート造の地上3階建てで、居室数は30室。洗面・トイレ・緊急通報装置・照明器具・電話・冷暖房など、毎日の生活に欠かせない安心の設備はもちろん、エレベーター・浴室・洗濯機・食堂ほか、共用スペースの充実も見逃せない。また、協力医療機関として「医療法人社団ライフパートナー ここハートクリニック」が待機しているため、健康に不安が生じた場合でも安心だ。
 施設周辺は、道道44号石狩手稲線すぐそばで交通の便も良く、大型スーパーマーケットや生活雑貨店、飲食店などが点在していることで、毎日が活動的になるだろう。
 パートナーはこれまで数多くの高齢者向け施設を提供してきたが、利用者とその家族の評価は高く、個々の思いを最大限に尊重し、思いやりのある看護・介護サービスが受けられるとあって、「安心してずっと住み続けられそう」と、予約開始前にもかかわらず早くも関心が寄せられている。
 一方、「コミュニティ青葉」(定員29名・宿泊室5室)は、“通い”を中心に、利用者の様態や希望に応じて“宿泊”や“訪問”といったサービスを組み合わせて利用できる施設。馴染みのある自宅で継続して生活していくために、必要な支援を24時間365日受けることができるという。
 なかでも、「天然温泉浴室」は、広々としたバリアフリー構造で、快適の安心サポート付き。100%の天然温泉に浸かり身体を芯から温めることで、自律神経が整い、疲れやコリがほぐれるなどといった癒しの効果が期待できそうだ。
「狭義だけの介護にとらわれず、個性や能力を活かせる万全なサポートで利用者の“いまの暮らし”と“未来の暮らし”を継続的に支えるお手伝いをさせていただきます」(法人事業部)