道民雑誌クォリティ
ホーム >ヘルスケア「大百科」
クォリティ  

ヘルスケア

〈前立腺がん、膀胱がん、過活動膀胱などで
 困らないためのビフォー&アフター 循環器科編〉


「ヘルスケア大百科」は病気にならないための健康情報に加え、診療科ごとに顕著な病気を専門医に解説してもらうシリーズ。4回目は、からだの老廃物を体外に排出する働きを担い、生殖にも関連する泌尿器の主だった病気について、専門医の意見を交え、わかりやすく紹介する。


はじめに 加齢で増える排尿障害など泌尿器の病気

 泌尿器の病気は加齢により発症する場合が多く、@排尿障害、A腫瘍(がん)、B尿路結石、C性感染症、D性機能障害の5つに分けられる(図1参照)。
 @排尿障害は、尿が出にくい(排尿困難)、尿がもれる(尿失禁)、尿が出る回数が多い(頻尿)、尿が出る時に痛い(排尿時痛)症状で、男性の場合は前立腺肥大症で、女性の場合には過活動膀胱で多くみられる。
 A腫瘍(がん)については、ここでは泌尿器のがんの中で罹患率が高いといわれる「前立腺がん」と「膀胱がん」を紹介する。
 B尿路結石は、尿の通り道に結石ができる病気で、食生活の欧米化により増加傾向にある。
 C性感染症とD性機能障害は、性交渉や生殖に関する病気で、女性の場合には産婦人科で診ることも多い。


前立腺肥大症 トイレが近く尿が出ずらい男性特有の病気



 前立腺肥大症は男性の排尿障害の7割を占める。
 前立腺は、恥骨と直腸との間にあり、膀胱のすぐ下にある(図2参照)。
 前立腺の奥には精嚢(精液をためる袋)があり、精液は前立腺の中を通って尿道に排出される。前立腺は、前立腺から精液を固まらせない成分「PSA」を出す役割を担うが、高齢になると、精液を出す機会が減るため、前立腺の役割が変化して今度は尿道の括約筋(尿もれを止める筋肉)を補完するようになる。男性が女性と比べて高齢になっても尿もれが起こりにくい一方で、尿が出にくくなるのは前立腺があるからだ。
 前立腺の大きさはクルミ大(約20t)で30tより大きくなると、前立腺が肥大したことになる。症状は頻尿(尿の回数が増える)と排尿困難(尿が出にくくなる)。
 症状については図5に示したので参考にしてもらいたい。



尿路結石 食の欧米化で動物性タンパク質の多量摂取が原因

 結石が腎臓から尿管、膀胱、尿道という尿の通り道(尿路)にできるため、総称して「尿路結石」という。
 結石のおよそ8割が、シュウ酸カルシウムなどのカルシウム結石。原因は肉などの動物性タンパク質の多量摂取。動物性タンパク質はシュウ酸として体内に蓄積され、その量が多いと尿の中でカルシウムと結合して結石になる。
 腎臓や膀胱にできる結石は痛みがほとんどないが、尿管だと激痛になる。また尿管の壁が傷ついて血尿が出ることもある。


前立腺肥大症 予防によいとされるニンニク、トマト、玉ねぎ

 前立腺肥大症の予防によいとされるのが@ニンニク、Aトマト、B玉ねぎの3つの野菜。
 ニンニクに含まれる「アリシン」は、前立腺を丈夫にするといわれている。トマトの赤い色素成分の「リコピン」と玉ねぎに含まれる「セレン」「ケンフェロール」「ルチン」は、抗酸化作用があって前立腺機能の向上に役立つ。



尿失禁  骨盤底筋体操で「腹圧性尿失禁」を予防

 咳やくしゃみなどで尿がもれてしまうといった女性の悩みを耳にするが、これは尿道を縮める括約筋や骨盤底筋が弱いことが原因の「腹圧性尿失禁」であることが多い。
 そうならないための体操が「骨盤底筋体操」と呼ばれる予防体操だ。
 体操のポイントは、排便や排尿を我慢するような感じで肛門や尿道、膣を縮める。その際、肩に力が入ったり、息を止めないように注意する。これを毎日40〜100回程行い、習慣化させることが大切だ。
 図3に体操の例を紹介する。尿失禁の予防に役立ててもらいたい。



性機能障害(ED) ED治療薬の服用は必ず医療機関の診断、処方で

 性機能障害(ED)は、糖尿病などの生活習慣病や男性ホルモンのテストステロンの分泌低下によって起こる。
 勃起障害の治療では@バイアグラ、Aレピトラ、Bシアリスに代表されるPDE5阻害薬による薬物治療が一般的。ただ心臓病を患っている人や脳梗塞などを発症した人、重度の肝機能障害がある人、網膜色素変性症の人は、服用によって血圧が下がるなど致死に至る場合もあるので要注意だ。
 安い価格でインターネット販売されることがあるが、入手にあたっては、必ず医療機関で診断、処方してもらうことが大切だ。ちなみに安価で効果がそれほど変わらないジェネリック薬も処方されている。
 図4にED治療薬の比較表を掲載した。



前立腺がん 前立腺がんは治療せず経過観察でよい場合も


▲北海道大学
腎泌尿器科
篠原 信雄教授
――治療しなくてよい場合があるのですか。
 はい。がんが大きくなり増殖するのが問題なので経過観察でよい場合もある。
 診断は、直腸診と超音波エコー、PSA検査、生検で診断します。
 治療は転移がない場合には@監視療法(経過観察)、A手術、B放射線治療があります。80歳以上で手術や放射線治療ができない場合にはCホルモン治療をする場合もあります。
 手術は前立腺摘出術を行い、最近はロボット支援手術が多く行われています。放射線治療は@]線治療(強度変調放射線治療)、A陽子線・重粒子治療、B小線源治療があります。
 転移がある場合には、@ホルモン療法とA抗がん剤等による全身治療。ホルモン療法は「精巣摘出術」と、注射と内服薬の併用。全身治療には、抗がん剤の「ドセタキセル」や「カバジタキセル」、新規ホルモン治療薬「アビラテロン」や「エンザルタミド」、放射線治療薬である「アルファラジン」が用いられます。


膀胱がん 一度でも真っ赤な尿が出たときには必ず検査を


▲札幌医科大学
泌尿器科
舛森 直哉教授
――症状と治療は。
 40歳以上の喫煙者で痛くも痒くもないのに真っ赤な尿(血尿)が出た場合は膀胱がんの疑いが強い。ある意味では見つかりやすいが、何回か排尿するとぴたっと血尿がなくなる。それで受診しないで手遅れになるケースが多い。1回でも血尿があれば受診を強くお勧めします。
 治療は表在がんの場合は電気メスによる内視鏡的切除術。また膀胱の中に抗がん剤やBCG(弱毒型の結核菌)を注入する再発予防の治療を行います。
 一方、浸潤がんでは膀胱を全部とる「根治的膀胱摘除術」を行い、併せて膀胱の周りのリンパ節を完全切除する「リンパ節郭清」を行います。今年4月にロボット支援下の根治的膀胱摘除術が保険適応になりました。
 浸潤がんの場合には転移しやすく抗がん剤治療になりますが、抗がん剤が効かない場合でも最近は「免疫チェックポイント阻害薬」(昨年12月に保険適応)の適用が期待されています。


過活動膀胱 男性は前立腺肥大症、女性は膀胱の機能や尿道の支えが弱まるのが原因


▲旭川医科大学
腎泌尿器科
柿崎 秀宏教授
――症状と診断は。
 尿意切迫感を中心とする症状が、過活動膀胱を診断する上で重要なポイントになります。急に我慢できないほどの尿意をもよおし、漏らしたり、頻尿になったりする場合です。
 診断は尿検査を行って、膀胱炎などの尿路感染の有無を調べます。男性の場合、超音波エコーで前立腺の大きさや残尿の状況を調べます。尿流測定器で尿の勢いを測定することも必要に応じて行います。
――治療は。
 薬物治療に入る前に行動療法を行い、水分の摂り過ぎで尿量が増えていないかなどチェックします。1日の排尿回数を記録する「排尿日誌」をつけてもらい、生活習慣の改善をアドバイスします。
 また女性で骨盤の筋肉が弱くなって過活動膀胱の症状が出ている方は、「骨盤底筋訓練」といって、腹圧をかけないで肛門だけを収縮させる運動が効果があります。薬物治療では@抗コリン剤とAβ作動薬のどちらか、もしくは併用します。


排尿障害 ノコギリヤシで腎機能を改善?

 ノコギリヤシは「ノコギリパルメット」と呼ばれるヤシ科のハーブの一種。
 その果実に含まれる脂肪酸の「5aリダクターゼ」という成分は酵素の働きを抑え、腎機能に関連するクレアチンの値を改善し、前立腺の肥大や頻尿などによいとされている。サプリメントで手軽に入手できるので試してみては。



更年期障害 不定愁訴の中に男性の更年期障害が…

 最近、原因がわからない不定愁訴の中に男性の更年期障害があることが知られている。加齢で男性ホルモンのテストステロンが減少するのが原因。更年期の初期には、いらだち、疲労感、抑うつといった精神・心理的症状が、のちに発汗やほてり、睡眠障害、性欲の減退が出てくる。
 気になる方は専門医に…。