【月刊クォリティ】2018年7月のトピックス

道民雑誌クォリティ
ホーム > 2018年7月のトピックス
2018年7月のトピックス

上枠

YOSHIMI主力商品『札幌おかき Oh!焼とうきび』
売り上げの一部50万円を8年連続札幌市に寄付

2018.7.19  


▲秋元克広札幌市長(右)は、「毎年、継続してご寄付をしていただき大変感謝しております」と、勝山良美社長(中央)に感謝状を贈った(札幌市ホームページより)

 レストラン経営や観光土産品の開発で「食と観光」の新たな可能性に挑戦し続けるYOSHIMI(本社・札幌市、勝山良美社長)は7月3日、同社売り上げナンバーワンの主力商品で、懐かしい夏の札幌名物の味を土産菓子で表現した『札幌おかき Oh!焼とうきび』の売り上げの一部、50万円を札幌市に寄付した。

 市の観光振興などを目的としたこの寄付を同社は、今回を含め8年連続で行っている。これを受けて同日、市長応接室で感謝状贈呈式が行われ、勝山社長は「今後も観光客に札幌の食と観光をPRしていきたい」と抱負を語った。

下枠


上枠

100超えの最新事例収録
日本ビジネス開発が新書刊行

2018.7.12  

 企業・ビジネス白書シリーズの日本ビジネス開発が、住宅ビジネス白書2017/2018年版及び、環境ビジネス白書2018年版を刊行した。
 住宅ビジネス白書は1997年に創刊し、当年版が第14弾。国会図書館の「住宅産業に関する主要調査・レポート類」選定書のひとつで、

1、新築から既築へ
2、ハードからソフト・サービスへ
3、国内から海外へ
4、インバウンド対応へ
5、超高齢化対応へ
 といった、5つの切り口で次代に向けた成長ビジネスを示している。
 ※A4・204ページ。本体価格3万8000円。

 環境ビジネス白書は1997年に創刊し、当年版は第21弾で国会図書館「環境ビジネスに関する入門書」に選定されており、今回は新潮流・新発想環境ビジネスを中心に次代の環境成長ビジネスを提示している。
 クリーンエネルギービジネス、海洋・深海ビジネス、グリーンビジネス、ニュー環境ビジネス災害・防災ビジネスなど、環境ビジネスを8大分類、26中分類し、100超の最新事例が収録されている。
 ※A4・246ページ。本体価格3万8000円。

(共同通信PRワイヤー)

下枠


上枠

お化け屋敷 呪い指輪の家×KING∞XMHU

2018.7.10  


 お化け屋敷プロデューサーで知られる五味弘文氏が手掛けるお化け屋敷「呪い指輪の家」が観覧車&商業施設「ノルベサ」(南3西5)にやってきた。
 五味氏は、ストーリー性のあるお化け屋敷を得意とし、手掛けるお化け屋敷は国内外でも若者を中心に人気。9月2日までノルベサ3Fの特設会場で恐怖体験ができる。入場料金は、900円(前売り、割引き券利用)、1000円(当日)。
  さらに、KING∞XMHU(キングムー)とのコラボイベントを7月30日〜8月4日まで開催(木曜日を除く)し、映像などを使いホラーな雰囲気作りや「呪い指輪の家」を連想する会場装飾のほか、DJブースに呪いの花嫁が登場。8月4日は大抽選会を開催し、景品は「呪い指輪の家」無料招待券などが当たる。
 また、入場特典で「呪い指輪の家」半券提示や幽霊メイクで入場無料となる。

●問い合わせは、北海道放送(HBC)事業部
☎(011)232-5826

下枠


上枠

陶氏診療院院長・陶恵栄氏が伝授
「身体と企業の健康セミナー」開催

2018.7.5  


▲宣伝フライヤー

 陶氏診療院(札幌)の陶恵栄院長は7月18日、札幌総合卸センター共同会館(北6東3)で「身体と企業の健康セミナー」を開く。

 好評だった昨年に引き続き、第2弾となる今回は自宅でもできる健康管理方法から、内臓脂肪チェックの意味や正常化するコツなどを惜しげもなく伝授するという。

 陶院長は、「健康意識を高めてもらうため、全国各地で中国・予防医学について勉強会を開き、さまざまな情報を発信しています。昨年の健康セミナーに参加した方はデータが残っていますので、ぜひ参加していただきたい」と継続参加の必要性を訴える。

 問い合わせは、(一社)北海道中小企業同友会 札幌支部(TEL 011‐702‐3000)

下枠


上枠

新会長に荒井和弘氏
FM協会第6回通常総会

2018.7.3  


▲新たなスタートを切った

 一般社団法人北海道ファシリティマネジメント協会(HFMA)が、札幌サンプラザで第6回通常総会を開催した。

 今回の総会は改選期にあたるため、星野尚夫会長や中野章副会長など5人の理事が退任し、新たに岡部和憲氏(一般財団法人北海道河川財団理事長)、板垣昭彦氏(札幌振興公社副社長)をはじめとする5人が理事に選任された。
 新会長には荒井和弘氏(東京不動産管理顧問)、新副会長には岡部氏、玉木勝美氏(伊藤組土建社長)、新常務理事に板垣氏がそれぞれ就任したほか、新たに「まちづくり委員会」(仮称)の設置が発表され、高橋稔常務理事(札幌副都心開発公社)が委員長に就くこととなった。

下枠