【月刊クォリティ】2018年11月のトピックス

道民雑誌クォリティ
ホーム > 2018年11月のトピックス
2018年11月のトピックス

上枠

近美コレクション名品選「きらめく都市(まち)のものがたり」

2018.11.15  

 北海道立近代美術館では、2018年11月21日から19年3月21日までエコール・ド・パリの作家やパリに渡った日本人たちが描いたフランスの景観や人物像などの油彩・日本画・版画・立体等を「きらめく都市(まち)のものがたり」をテーマに約80点展示する。
 また、道内11施設が連携して道央、道南、道北、道東の美術館関連施設自慢のコレクションを同館で紹介する「アートギャラリー北海道」の小樽芸術村×近美「ガラスと近代洋画の名品」も同時開催している。

※問い合わせ
北海道立近代美術館
☎(011)644-6882




下枠


上枠

小樽・朝里クラッセホテルで歌謡ショー
昭和の名曲をマミコ・グレースらが熱唱

2018.11.13  


▲宣伝フライヤー

 小樽の「朝里クラッセホテル」(☎ 0134‐52‐3800)では11月18日、『昭和の名曲 音(オン)ステージ』が開催される予定だ。

 平均年齢78歳という、おじさんコーラスグループの「ダンディー・フォー」のほか、小樽を中心に活動するジャズボーカリスト「マミコ・グレース」が出演。また、1961年コロムビアレコードより『ハッピーホセ』でデビューし、現在もタレント・俳優・声優として活躍中の「鈴木ヤスシ」をスペシャルゲストに迎え、情緒あふれる小樽の夜を盛り上げる。

 料金は、卓盛料理とフリードリンクが付いて一人12,000円(税込)。開場(ディナー)は17時〜、開演(ライブステージ)は18時〜予定。詳しくは、同ホテルへ問い合わせを。



下枠


上枠

北海道胆振東部地震被災者支援
住宅診断士による被災住宅無料相談会第2弾

2018.11.8  

 北海道胆振東部地震によって多数の住宅が被災し、被害の大きい札幌市内の住宅地では、すでに応急危険度判定士による応急危険度判定が行なわれているが、同判定は文字通り応急的な処置にすぎない。 こうしたなか、北海道在住の会員有志からなるJSHI北海道エリア部会の発案により、第2弾となる被災住宅を対象とした無料の相談会を実施する。
 JSHI(特定非営利活動法人日本ホームインスペクターズ協会《東京都、長嶋修理事長》)とは、日本の「人と住まいのより幸せな関係を追求し、その思想を世の中に広めること」を理念に、2008年に任意団体として設立した団体で、09年にNPOに登記し、現在まで活動を続けている専門家集団だ。
 今回の相談会では、住宅診断を業として行なっている同協会認定会員がボランティアで相談員を務める予定で、「我が家は大丈夫か」「壁にひび割れが生じたので見てほしい」「床が傾いていないか」といった被災・被害の状況について話を聞き、協会が定めるホームインスペクター倫理行動規定に則った中立性を堅持した第三者的な立場から、必要と思われる住宅修繕に関する助言を行なう。
 多発するリフォーム詐欺に遭わないためにも、ぜひ参加を。

日時:2018年11月17(土)10:00-16:00予定

会場:日の丸会館(北海道札幌市東区北41条東14丁目3-1)

相談時間の目安:30-60分/1人あたり

注1、公的な書類が発行される相談会ではない
注2、当日の依頼内容に応じて、相談員が被災した住宅を訪問する場合も有

●問い合わせは、☎(011)622-7111

(共同通信PRワイヤー)

下枠


上枠

「北海道旅行博」に「YOKOSOトラベル・マレーシア(ゴルフツアー)」出展

2018.11.6  



▲YOKOSOトラベルのブース

 世界各国の政府観光庁や道内外の各観光協会のブースが集結し、観光地の最新情報や特産品の販売などで来場者に各地の魅力を伝える「北海道旅行博」が、11月3、4日の両日、札幌グランドホテルで開催された。
 そんな中、マレーシアでの快適なゴルフ&ゴルフライフを提供し、各種手配に精通している旅行会社「YOKOSOトラベル・マレーシア(ゴルフツアー)」が出展した。
 道内のゴルファーは冬期間、温暖な海外でプレーを楽しむ傾向があり、特にマレーシアは、安全でゴルフ場のコンディションが整っていることで人気。
 また、YOKOSOトラベル・マレーシア(ゴルフツアー)は、札幌市内に3つ(真駒内、滝の、羊ケ丘)のゴルフ場を運営する「札幌カントリー倶楽部」と提携しており、両社はゴルフを通じ、マレーシアと北海道の間における交流の架け橋となっている。
 問い合わせは、下記ホームページから。

※問い合わせ
https://yokoso-malaysia.com/

下枠


上枠

劇団四季『サウンド・オブ・ミュージック』
札幌公演が10月28日に千秋楽!

2018.11.1  


▲カーテンコールでは客席から
惜しみない拍手が送られた

 北海道四季劇場で7月7日から公演中だった劇団四季ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』札幌公演が10月28日、千秋楽を迎えた。

 本作は、道内オーディションで選ばれた20名の子役が活躍したことでも話題に。期間中は、北海道胆振東部地震の影響により4公演を休演したものの、計103公演を実施し、延べ74,000人が来場したという。

 千秋楽でトラップ大佐役を務めた深水彰彦氏は、「本日はありがとうございました。これからも、北海道の皆様に舞台の感動をお届けできるよう精一杯頑張ります」と挨拶した。

 なお、12月22日からはディズニーミュージカル『リトルマーメイド』が上演される予定だ。

下枠